岡山へのUターン・Iターンで「これだ!」と思うシゴトと出会う
menu
社長インタビュー
Goenではすべての社長もしくは会社トップにお会いしてインタビューしています。
NEW
インテリアプランニングで暮らしに華やかさを

株式会社LIB(ライブ)

取締役副社長 岡田 博昭

よく日焼けした肌の理由は、大学のサークルで始めたというテニス。毎週3時間、休日は朝から体を動かしさわやかな汗を流している。中学時代は野球に打ち込み、高校ではサッカー部とスポーツは全般的に大好きだそう。

【事業内容】
照明器具とカーテンのトータルコーディネイトを企画・提案する、インテリアの専業会社。取引先は大手ハウスメーカーから地元工務店まで幅広く、その数なんと70社以上にもおよぶ。併設ショールームでは現物を見ることもでき、一般客の来店も可能。
「株式会社LIB」の岡田副社長にお話をうかがいます。はじめにこれまでの経歴を教えてください。

「私は2015年に入社し、今年で6年目を迎えます。現社長の娘婿にあたり、カーテンの縫製工場立ち上げを手伝うために入りました。もともとは自動車関係のエンジニアとして部品の設計をしており、今は営業をメインに担当しています。」

御社の事業内容についても、あらためて詳しくご説明いただけますか。

「照明器具とカーテンのトータルコーディネイトと販売、施工をする会社で、岡山県内を中心に姫路や福山といった近県エリアも対象にしています。クライアントはハウスメーカーや工務店などの法人のほか、個人の施主さんもおられます。本社併設のショールームは一般利用も可能です。」
インテリア関係の商品を扱う専業会社ということですね。法人企業との取引では、どういった立場になるのですか。

「大手のハウスメーカーは自社にインテリアコーディネイターさんを抱えているので、照明やカーテンの販売・施工だけを請け負います。いない場合には、当社が施主さんとの打ち合わせを代わりに行うという立ち位置ですね。

今はインターネットでも購入できますが、当社が入ることでリスクや手間を軽減できるメリットがあります。たとえば新築の家だと部屋の広さに対する照度、いわゆる『配当計画』を組まないといけない。また近年主流になってきたダウンライト、これは取り付けが非常に難しい。どちらも素人の方が自分でするのは大変です。当社ならアフターフォローまで引き受けますし、無用なトラブルも避けられます。」
たくさんの商品のなかから、デザインだけじゃなく使い勝手も考えて選ばないといけませんものね。難しそうです。

「その点でも、ショールーム併設の強みが生かせますね。打ち合わせしながら、ご自分の目で見て触って選べますから。サイズ感や色、感触まで確認してもらうことで、とことん納得していただけます。われわれプロならではの知識と提案力も、ぜひ頼りにしてください。」
それは施主さんも選びやすくてうれしいですね。いっぽうで、取引先であるハウスメーカーにとっての御社の強みはなんだと思いますか。

「やはり照明とカーテン、両方を扱っている点でしょうね。一気にすれば手間もコストも削減できますし、トータルでのインテリアプランニングができます。

そのうえで、ほかの会社と比べて圧倒的に打ち合わせに時間をかけます。創業当時から社長が大切にしてきたやり方、ていねいに接客するというスタンスを守り続けているんです。お客さんにいつでも真摯に向き合いすぎて、ときには1回の打ち合わせが2時間を超えるケースもあるほどです(笑)。」
熱量がちがいますね! 岡田副社長が感じる、この仕事の魅力ってどんなところですか。

「そのエピソードからもわかるとおり、お客さんとかかわっている間はすごく密な距離感で接します。お互いに真剣になればなるほど、いいインテリアが完成したときの充実感は格別ですね。お礼のメールをいただいたり、数年前に仕事した施主さんが5年後にリピーターでまた来店してくださったり。満足してもらえた証かなと思いますね。

この仕事は、人々の生活を豊かにできる素晴らしい仕事です。部屋の雰囲気を変えて気持ちを明るくする、作業にちょうどいい空間を演出するのも自由自在。やりがいがあり、とても面白いですよ。」
納得いくまで、となるとスタッフさんは大変そうですが、働き方改革に関して心がけていることはありますか。

「確かに大変な面はありますが、当社のポリシーでもあるので削るわけにはいきません。対策として、ひとりひとりの負担軽減のために営業アシスタントさんを増やし、事務処理や書類の制作をお願いしています。営業は営業活動に専念できて効率化が図れるようになり、おかげで振替休日や有給休暇も以前より取得しやすくなったと思います。これからも快適な職場環境づくりに取り組むつもりです。」
求職者の方も重視しているポイントだと思います。ほかに、今後力を入れていきたいことはありますか。

「まだまだアナログな会社なので、ホームページやSNSをはじめデジタル関連は課題ですね。業界のみならず、一般への知名度を上げるためにもネットでの情報発信は重要だととらえています。

社内業務においてもIT化は進めたい分野ですね。打ち合わせの記録がオンラインでできれば、社員間の共有や引継ぎがしやすくなります。ひいては先ほどの『働きやすさ』にもつながるのではないでしょうか。会社としてもノウハウの蓄積が財産になりますしね。」
最後に、どんな方に入社してもらいたいか、応募される方へのメッセージをお願いします。

「インテリア関係の経験はいっさい問いません。特別な資格もいらないので安心してください。
必要なのは、まず『やる気』。それから、フットワークの軽さと社交性がある人だとやりやすいと思います。適性という意味では、マルチタスクがこなせる人やセンスのある人かな。ただそのあたりは、本人の学習意欲でいくらでもカバーできる部分ですからね。やる気を持って、まじめに仕事に向き合ってくれる人なら大歓迎ですよ。」


岡田副社長、ありがとうございました。御社のさらなる発展を、心よりお祈り申し上げております。
【ライター後記】
ざっくばらんで話しやすい雰囲気の岡田副社長からも、職場の風通しのよさを感じます。義理のお母さまである現社長は。創業当初から女性の社会参画を掲げているそう。女性が働きやすい会社なのも、こちらの魅力のひとつだと感じました。
(インタビュー 2021/5/11 Goen編集部)

会社概要

会社名
株式会社LIB(ライブ)
設立年月
1984年11月
代表取締役
高月 幸子
社員数(役員含む)
23名 2021/4/30 現在
平均年齢
38歳2022/4/30 現在
事業内容
大手ハウスメーカー、工務店、設計事務所などへの照明やカーテンの卸業。個人の方への照明、カーテン、家具などのプランニング及び施工
本社所在地
岡山県岡山市北区西長瀬263番101号
関連リンク
『株式会社LIB』Webサイト
『自社縫製工場(矢掛町)』Webサイト

この会社で募集中の求人

センスを生かしたインテリアで
誰かの暮らしに彩りを与える
【照明やカーテンの提案営業】 岡山市北区西長瀬