岡山へのUターン・Iターンで「これだ!」と思うシゴトと出会う
menu
社長インタビュー
Goenではすべての社長もしくは会社トップにお会いしてインタビューしています。
業務効率化を図る、ITシステムの総合窓口

株式会社システムラボ

代表取締役 水子 伸城

学生時代はバスケットボール部に所属し、社会人になってからテニスもたしなむように。特にテニスは、みずから100名規模のサークルを立ち上げ運営するほどの熱中ぶり。冷静な語り口とは裏腹のアクティブなスポーツマンだ。

【事業内容】
岡山県内の中小企業に向け、ITシステムを通した業務効率化の提案を行う。相談から導入までの一貫サポート、さまざまな企業のツールを比較・検討できるのが強み。「ITシステムの総合相談窓口」として頼りになる、無二の存在。
まずは御社の業務内容について教えてください。

「簡単にいうと、クライアントの企業に対してITシステムの導入を提案する仕事ですね。ターゲットは岡山県内の、おもに中小事業者さんが相手です。業務効率化を目的に、勤怠管理や顧客管理、会計管理、販売管理と幅広く業務支援するべくサポートしています。」
『システムラボ』さんならではの強みとはどんな部分にあるのでしょうか。

「セレクトから初期設定、アフターフォローにいたるまで ITシステムに関することすべてを窓口ひとつで行っているという点で、岡山県内では希少な存在です。現状ではシステムの専門ではない会社さんからすすめられるままの導入や、きちんと比較検討せず自力で導入した結果、ITシステムを活用しきれていない例が多くみられます。

当社は専門特化しているのでそれぞれに合った提案ができ、お客さんにとってもさまざまな会社のシステムを比較して選択できるメリットがあります。ユーザビリティや機能、扱いやすさ、もちろん価格面においても信頼性の高いものを厳選しており、安心して利用していただけますよ。

また僕自身が中小企業診断士としても活動していますので、経営視点での相談やアドバイスができるのも強みですね。」
確かに、診断士×IT、という組み合わせは稀有な存在ですね。水子社長はこれまでどういった経歴を歩まれてきたのですか。

「大学卒業後、新卒で銀行に入社しました。その後転職して、総合広告代理店に勤務。もともと経営学部だったので企業経営に興味があり、このときに中小企業診断士の資格を取得しました。26歳で創業してもう6年になりますね。」

広告代理店の勤務から、なぜITの分野に進出しようと思われたのですか。

「独立後、当初は広告をやっていこうと思っていたんですが、中小企業診断士の業務のなかでITシステムに課題を抱える企業の多さに気づきました。それがきっかけですね。企業経営のもっとも簡単な考え方として「利益=売り上げ-コスト」という思考があります。つまり、利益のためには売り上げを上げるか、効率化によりコストを下げるかの2択になります。僕なら口だけのコンサルではなく、広告業のノウハウで売り上げアップを、システムの知識でコスト削減を具体的に提案できると考えたんです。」
なるほど、それまでの経験を両輪にした事業が強みになっているんですね。では、経営をするうえで大切にしている点や価値観について教えてください。

「一番に考えているのは、『お客さんの価値になること』を提供したいという想いです。単に売り上げになるからと、短期的な目線で売るだけでは意味がありません。その企業にとっていらないものだったら、はっきり『いらない』と言える勇気も必要です。長く信用していただける存在になれるように、つねに真摯に向き合っています。」

紹介を通してクライアントを拡大しているというのも、その信頼の証なのでしょうね。では、今後御社が目指しているビジョンはありますか。

「私たちが提供しているサービスは、知ってもらえさえすればきっと選んでいただけると自負しています。そのためには県内での認知度をもっと上げていかないといけないかなと。ポジショニングとしては『オンリーワン』でい続けて、ゆくゆくは各県に1店舗あるくらいに事業拡大していきたいですね。また、将来的には自社開発のシステムを増やしたいという野望もあります。」
若干32歳の水子社長ですから、その若さと勢いも大きな強みのひとつですね。次は、会社の雰囲気や今いる社員さんについて聞かせてください。

「現在は『システムプランナー』と呼んでいる営業スタッフがひとり、エンジニアがひとり、パートの方がふたりいます。近年はコロナの影響に加え、働き方改革の加速でITシステム導入へのニーズは高まっていますので、スタッフを増やし育成していくのが課題です。」

今回の求人募集において、求める人材像とはどのような人ですか。

「プランナーにはコンサル的な能力が必要とされます。システムの知識がないクライアントに対しても課題を細やかにヒアリングし、適切な解決策を提示する力ですね。もちろん最初は指導しますので、積極的に勉強する姿勢を持っている方だとうれしいです。

エンジニアは経験者を希望していますが、経験の深さよりもむしろ第二新卒のように転職希望の若い方がいいですね。スピードと柔軟性が求められる業界なので、業務に合わせてキャッチアップする対応力が重要です。当社はシステムの開発がメインではないため、働き方が他社さんと比べるとゆったりしていると思います。激務から脱却したい転職組の人にはぴったりかと思いますよ。」
では最後に、応募を検討されている方に向けたメッセージをお願いします。

「小さな会社ですので、どんどん挑戦できる環境は整っていると思います。大手の会社では経験できない仕事も多々ありますし、若くても責任あるポジションにつくことが可能です。中小企業診断士のノウハウ、コンサルティングの現場を間近で見られるのもいい経験になるんじゃないでしょうか。積極的に盗みにくるくらいの、意欲的な人にぜひ来ていただきたいですね。」


水子社長、ありがとうございました。御社のさらなる発展を、心よりお祈り申し上げております。
【ライター後記】
IT化が急速に進む現代において、システムの導入で手間を減らすことは企業にとって必要不可欠です。とはいえ知識不足、リテラシー不足な会社が多いのもまた事実。水子社長はいち早くそこに着目し、よりよい企業経営のための提案に尽力しておられます。若くして経歴と経験を最大限に生かし、中小企業診断士の資格とITへの知見も兼ね備える。その姿はまさに、IT分野での「中小企業の強い味方」ではないでしょうか。
(インタビュー 2021/3/12 Goen編集部)

会社概要

会社名
株式会社システムラボ
設立年月
2018年4月
代表取締役
水子 伸城
社員数(役員含む)
5名 2021/3/12 現在
平均年齢
31歳2021/3/12 現在
事業内容
ITシステムの相談から導入、メンテナンスに至るまでの包括サポート
本社所在地
岡山県岡山市北区下中野316―107 タカタケビル2F
関連リンク
『システムラボ』Webサイト

この会社で募集中の求人

確かな提案と気配り、愛される
人柄が信頼される営業の証
【企業のITシステム導入に関する提案営業】 岡山市北区下中野
ITシステムのことならおまかせ
自分のペースで業務改善に貢献
【企業の業務改善に携わるシステムエンジニア】 岡山市北区下中野