岡山へのUターン・Iターンで「これだ!」と思うシゴトと出会う
menu
社長インタビュー
Goenではすべての社長もしくは会社トップにお会いしてインタビューしています。
空飛ぶバルーンでみんなを笑顔に

株式会社アップビートバルーン

代表取締役 瀧原 秀美

1996年に28歳で起業。結婚・出産・育児と並行してビジネスを展開してきた経験から、仕事とプライベートを両立できる環境や制度も重視している。バルーンがある暮らしを文化にまで高めることを、自分の使命としている。

【事業内容】
「バルーンがある暮らし」をプロデュースする株式会社アップビートバルーン。デザインや思いの実現だけでなく、見る人が笑顔になるバルーンが、当たり前のように毎日の暮らしの中にある世界を創造している。
【インタビュー】
岡山では珍しいビジネスですね。

瀧原秀美さん(以下、瀧原) 注文をくださったお客さまからも、『岡山の会社だったの⁉』と驚かれることがよくあります。バルーンの品質が保てる場所であれば、日本全国どこへでもお届けしますよ。

どんなところに需要があるのですか?

瀧原 個人のお客さまであれば、結婚式の装飾やお祝い、誕生日のプレゼントや飾り付け、開店祝い、お見舞いやプロポーズといった、日常のお祝いや記念日のプレゼントなどですね。企業さまからはイベント会場の装飾やディスプレー、販促品としての活用など、多岐にわたるご依頼をいただいています。フワフワと心地いい動きをするので、見ている人が自然に笑顔になるんですよ。

バルーンの仕事を始めたきっかけは何だったのでしょうか?

瀧原 以前別の仕事をしていたときに、知人から聞いたバルーンの話が頭から離れなくなったんです。一週間もたたないうちに居ても立っても居られなくなって、イベント系の会社に片っぱしから電話してバルーンのメーカーにたどりついて。大阪で開催されたスクールに、決死の覚悟で参加しました。

参加する前から心を奪われていましたから、受講中はもちろん楽しくて仕方ないんですけど。スクールの帰りに作った作品を持って歩いていたら、『そのバルーンどうなっているんですか?』『売ってるんですか?』『さわってもいいですか?』って、すれちがう人がみんな目を輝かせて笑顔で話しかけてくれるんですよ。そのときに、『バルーンを通じて笑顔と感動を届けることが、私の使命だ!』と思ったんです。」
天職を見つけられたのですね。すぐに起業されたのですか?

瀧原 思い立ったら突っ走るタイプなんです(笑)。メーカーや問屋から情報を集めてサンプルを作って、同時に結婚式場や代理店に連絡しました。ブライダルフェアへの参加がすぐに決まって、あっという間に3~4件受注できたんです。新しいものや珍しいものが喜ばれる業界だったことも幸いでした。

すごい営業力ですね!創業当時は苦労されましたか?

瀧原 最初は自宅の玄関にヘリウムガスを置いて、母や妹の手も借りて必死でやりましたね。ただ前職で営業力や経理能力を鍛えてもらっていたおかげで、会社としてのスタートは比較的スムーズだったんです。飲食店でアルバイトしていたときに知り合った企業の社長さんたちから、事業計画の立て方を教えてもらったこともあります。
ネットショップでも扱える商品となると、同業者も多いのでしょうか。他社とのちがいはどのようなところですか?

瀧原  ひと言で風船といってもふくらませて終わりではなく、『どうふくらませて、どう組み合わせるのか』といったクリエイティブな部分にちがいが生まれるサービスなんです。お客さまからは『アップビートバルーンの商品は他の店とちがう、センスがいい』と喜んでいただいています。
センスはどのように磨かれているのですか?

瀧原 社員の技術力を上げることやデザインのトレンドを押さえることも大切ですが、私はお客さまの声を聞くことが一番重要だと考えています。売上などの数字もお客さまからの声ですし、ネットショップのオペレーターやショップ店員からは、電話口や店頭でお伺いしたご要望を共有してもらっています。自宅や店舗など社員が働く場所は様々ですが、『求められているもの』には敏感でいてほしいと思っていますね。
どんな場所で働いていても、質の高いサービスを提供できる環境を整えられているのですね。

瀧原 女性が多い職場なので、働き方改革が注目される以前からママが働きやすい環境づくりには力を入れてきたんです。有休は時間ごとに取れますし、テレワークも導入しています。その結果、性別や年齢問わず、人生のどんなフェーズにいる方にも働きやすい環境が整えられたと感じています。


充実したプライベートとやりがいのある仕事、両方が叶う職場ですね。瀧原社長、ありがとうございました。御社のさらなるご発展を、心からお祈り申し上げております!
【ライター後記】
前に進むエネルギーと、社員に向けるあたたかな眼差し。組織の母としても存在感を発揮する瀧原社長のもと、明るい社員さんが溌溂と仕事をされている様子が印象的でした。
(インタビュー 2020/2/28 Goen編集部)

会社概要

会社名
株式会社アップビートバルーン
設立年月
1996年9月
代表取締役
瀧原 秀美
社員数(役員含む)
15名 2020/3/29 現在
平均年齢
35.5歳2020/3/29 現在
事業内容
バルーンの企画・販売
本社所在地
岡山県岡山市北区中仙道56-124
関連リンク
■ホームページ
■Insta
■FacebookWEB店
■Facebook大元店

この会社で募集中の求人

ワクワクを届ける
ホームページをデザイン
【自社サイトのWebディレクター】 岡山市北区中仙道
お客さまのワクワクを
バルーンで表現
【バルーンショップでの企画販売】 岡山市北区東古松