岡山へのUターン・Iターンで「これだ!」と思うシゴトと出会う
menu
社長インタビュー
Goenではすべての社長に直接お会いして、インタビューしています。
NEW
確かな技術と地元愛が切りひらいた新境地

株式会社ホリグチ

代表取締役 堀口 真伍

1976年岡山県生まれ。34歳で事業を継承し、新事業を切り拓いた。趣味はサイクリング。地元の景色やショップめぐりを楽しむ。2018年の水害以来、真備町の魅力を広く伝えるための活動にも取り組んでいる。

【事業内容】
デスクの天板などオフィス家具に加え、近年では地元岡山県産の木材を使った家具が評価されている、株式会社ホリグチ。手がけた家具は地元の老人施設や保育園だけでなく、岡山空港でも活躍している。
【インタビュー】
オフィス家具をメインに扱われているのですか?

堀口真伍さん(以下、堀口) はい、弊社はもともと昭和39年に祖父が小物家具製造業として創業して、父親の代に、オフィス家具を中心とした木工製造業に移行しました。

現在はデスクの天板の部分をメインに製造しており、北海道から沖縄まで全国のメーカーさんからご注文をいただいています。

かなり安定した需要がありそうですね。

堀口 確かに長い実績のおかげで、全国に取引企業があるありがたい状況なのですが、オフィス家具は備品なので、景気に左右されやすいんですよ。
波があるんですね。それで事業継承されてから、新しい事業を手がけられたのですか?

堀口 それまでも景気が悪くなったら買い控えする企業さんの話は耳にすることがあったんですが。リーマン・ショックのときはさすがにかなり売上が落ちたんです。

その後事業を継承して、『じゃあどうやって経営を立て直していこうか』と考えていたところ、経営革新計画に取り組んでみないかというお話をいただいて。それがきっかけになりました。
具体的にはどういった取り組みをされたのですか?

堀口 あまり知られていないのですが、岡山はヒノキの丸太生産量が日本一なんです。県としても岡山の魅力としてPRしたいとの思いがあり、そこがうまくマッチしました。

最初はとある老人ホームさんから、『大部屋の利用者さまにも、明るく快適なプライベートスペースが作りたい』とのご要望をいただいたんです。それで県産のヒノキを使ったパーテーションを作ったことから、県産木材を使った家具の道がひらけました。
取り組みはすぐに成功したのですか?

堀口 大変なこともありましたよ(笑)。競合は中国産の家具になるので、コストはかけられません。県が使っていきたいスギやヒノキはやわらかいので、本来は家具に向かないんです。反りや曲がりが発生してしまうんですよね。

だからこれまでスギやヒノキを使った家具は、厚みのあるぼってりとした見た目が特徴だったんですが、それだとお客さまの好みに合わないことも多くて。
そこはどう克服されたんでしょうか?

堀口 幸いなことに、県産木材に力を入れている西粟倉村がこの取り組みに協力的で、製材の乾燥工程で温度管理をお願いすることができたんです。またコスト面でも県産木材の活用を対象とした助成金も得られました。

弊社が長く手がけてきた、天板の製造技術も役立ちましたね。板を極力薄くしたり、機能性素材を使ったりすることで、従来の『無垢材の家具』にあったイメージとはちがう家具を作れたと思っています。
大がかりな取り組みですが、社内外に変化はありましたか?

堀口 まず5年にわたる経営革新に成功して、岡山県経営革新アワードでグランプリを受賞し、中小企業庁の主催する『はばたく中小企業300社』にも選定されました。弊社で作った岡山県産木材を利用した家具が、地元の県産材PRの一助となったことが評価されたと思っています。

社員はもちろん受賞を喜んでくれましたが、社内ではやはり、これまでデスクの天板という”部品”の製造から、使うお客さまが見える商品を作ったことへの達成感がありましたね。
経営も建て直し、事業継承にも成功されています。今後はどんなことを目指していかれますか?

堀口 これからもしっかりと事業を継続していくことですね。2018年の西日本豪雨で、真備町は大きな被害を受けました。工場は浸水をまぬがれましたが、被災した従業員もいましたし、水や物流も止まりました。何より真備町全体が大きなダメージを受けて…今もまだ復興途中です。

けれど、そんな大変な状況の中でも注文をくださった全国のメーカーさんや、復旧作業にかかわったことで生まれたつながりから、弊社を必要としてくださる地元の企業さんがいて。

その方たちのためにも、私たちがここで事業を続けることが一番大切だと考えています。


堀口代表、ありがとうございました!さらなる発展を、心からお祈り申し上げております!
《ライター後記》
経営革新や事業継承など、非常に難しいと言われる取り組みを笑顔で語る堀口代表。先を見すえた計画と積み重ねた技術、そして素晴らしい社員の方々が、企業の財産であることを実感しました。
(インタビュー 2020/2/25 Goen編集部)

会社概要

会社名
株式会社ホリグチ
設立年月
1973年4月
代表取締役
堀口 真伍
社員数(役員含む)
24名 2020/2/25 現在
平均年齢
43歳2020/2/25 現在
事業内容
木工製造業(オフィス家具、建築家具、部材他)
本社所在地
岡山県倉敷市真備町市場850-4
関連リンク
■ホームページ

この会社で募集中の求人

お客さまと現場をつなぐ
マルチプレーヤー!
【企画開発】 倉敷市真備町市場
幅広い対応力
木工機械のスペシャリスト!
【製造スタッフ】 倉敷市真備町市場